HOME > 川越唐人揃い2011 > トピックス > 自転車朝鮮通信使 川越唐人揃い2016 updated 2016-08-17

唐人揃いパレードを終え、帰国の前に感想やこれからのことなどを語っていただきました。

ソンベさん、この度の自転車朝鮮通信使、本当にお疲れ様でした。今回のパレードでソンベさんの気持ちと行動が大きな感動を呼び起こしました。

10月26日に博多に着き、それから1日100キロを目標にして、川越まで走りましたが、地図を持たず、雨の日も多かったので、毎日何かのハプニングに遭いました。でも、最後に所沢からの道で「川越方面」と表示された案内標識を見たら1116-1.jpg涙が出てきました。大変だったけど、やって良かったです。

計画はいつから考えたのですか?

今年の3月に江藤さんからパレードへの参加の話がありましたが、参加するなら自分も朝鮮通信使の道を辿っていこうと思い、自転車で行くことにしました。7月には、行程表を作り、朝鮮通信使の道だけでなく、日本の明治以降の近・現代の歴史の地もできるだけ回って行くことにしました。それで、今回は四国にも行くことになったのです。

自転車で、と考えたのは、昔から自転車での旅行などをされていたのですか?

いや、自転車を始めたのは、ソウル市役所の公務員としての仕事を自主退職した2年前の54歳からです。健康のことも考えて乗り始めたのですが、最初は家から漢江までの30キロの往復もできませんでした。でも、練習を重ねて、そのうちには、零下10度、20度の厳しい環境の中でも走ることができるようになっていきました。

列車や、車でないので博多に到着してからも計画通りに行かないこともあったのではないですか。

道の状況や天候などで、時間通りに進まないこともあり、最初の計画を変更しなければならないこともありました。そのため、泊まるところも、その日の朝にあらかじめ確保してもらったりしたこともありますが、暗くなってから急に変更しなければならないこともありました。
広島では大雨のため尾道へ進む計画を変えて、フェリーで松山へ渡り、そのため泊まるところを急に探さなければならないこともありました。道後温泉も通りましたが、そこで温泉につかって泊まることはできませんし……。
姫路では1116-3.jpg暗くなってから着き、予定のビジネスホテルが見つからず、道で男性に聞いたら、「それなら、私の家に泊まりなさい」と言われました。知らない方で、外国なので、「あぶないことはないかな、大丈夫かな」と、心配な気持ちもありましたが、お風呂も用意してくれ、朝の5時出発の前に、朝ご飯まで準備していただきました。とてもうれしかったです。

偶然の出会いですね。

他にも、民家で泊めてもらったところでは、大雨で濡れたものを翌日までに洗濯して渇かしてくれたり、早朝出かけるときに冷めないように包んだ弁当と温かい飲み物を用意してもらったり、いろいろな助けを受けました。
また、滋賀では、中山道を東京から歩いてきている人と出会い、写真を撮ってもらいながら、私は、これこれで川越まで自転車で行くんだ、と朝鮮通信使や唐人揃いの話をその時したのですが、13日のパレードの時には、その方が「ソンベさん来たよ—」と駆け寄ってきました。川越に来てくれたんですね。
また、農家に泊まったときは、日本の「限界集落」などコミュニティーが壊れていく現状を話し合ったり、奈良では原発事故で被害にあった福島の農家から送られてきた柿をいただくことで、農家の人たちの気持ちを共にする活動に出会ったり、と、3.11の震災を受けた日本の人たちの気持ちや支え合う活動にも接してきました。

今回の自転車朝鮮通信使を実行し、パレードに参加されて、感じたこと、考えていることがありましたら。

今回、一人で自転車で走るわけですから、先ほども言いましたが、毎日何かハプニングが起きました。でも、ハプニングが起きたら、必ず誰かが現れて、助けてくれ、それを乗り越えることができました。
日本で働いた経験がありますが、その当時は日本で大学を出たり、公務員になっている人であっても、韓国のことや朝鮮通信使について、よく知らない人が多いということを感じました。そこで、韓国と日本の間でお互いがもっと理解し合う、それもバラに花と棘がありますが、棘を見て悪いイメージをもつのではなく、花を見ていいイメージを持つ、良いところを理解し、知り合えば誤解は生まれない。そういった、考えを持つようになり、今は、自分はそのための架け橋になろう、と思っています。
公務員を続け安定した生活の道を行くこともありましたが、それをsign1.jpgやめてこれからも韓日の友好・交流の仕事をしていこうと思います。今回、必要最小限のものを25キロの荷物にまとめ、自転車で走りましたが、普段の生活の中でも余計なモノは必要ないと思います。
大切なのは、夢を持って動き出すこと。これから若い人から定年を迎えた方々まで、それぞれが目的をもって動き出せばきっと良い社会を作ることができるし、今回の自分の自転車朝鮮通信使は、その小さなタネをまいたことになるのではないでしょうか。
川越から川を越えて、海を越えて、地球村を作っていく様々な動きが始まっていくといいですね。

ソンベさんが、インタビューの後に書き記した言葉は。
「吾唯知足」「原動力」「夢」でした。

(2011年11月16日)

ソンベさん11月13日、11時45分に川越蓮馨寺に到着!!
唐人揃いパレードに朝鮮通信使の正使役で参加しました。

11月12日 東京新聞で報道されました。
tokyo1112_3.jpg

11月8日 愛知の朝日新聞で報道されました。
319099_213366258736640_100001898011964_523591_1872843290_n.jpg

11月3日 神戸新聞で報道されました。
kobe1103.jpg

P1040835.jpg2011.11.13 川越着 唐人揃いに合流

P1040572.jpg東山墜道

P1040553.jpg

P1040561.jpg

P1040584.jpg

P1040595.jpg

P1040692.jpg

P1040697.jpg

P1040708.jpg

P1040724.jpg

P1040826.jpg

P1040830.jpg

111302.jpg2011.11.12 日本橋へ

111306.jpg東山墜道

111308.jpg

111309.jpg

111104.jpg2011.11.11 雨中激走し東京へ

111102.jpg東山墜道

111105.jpg

111106.jpg

1111202.jpg2011.11.10 箱根を越えて藤沢へ

1111203.jpg東山墜道

1111206.jpg

1111208.jpg

1111209.jpg

1111212.jpg

1111213.jpg

1111216.jpg

1111218.jpg

1111220.jpg

111102.jpg2011.11.9 静岡から御殿場へ

111103.jpg東山墜道

111104.jpg

111105.jpg

111107.jpg

111108.jpg

111109.jpg

111110.jpg

111111.jpg

111112.jpg

110901.jpg2011.11.8 豊橋から静岡へ

110902.jpg東山墜道

110904.jpg

110906.jpg

110907.jpg

110910.jpg

110911.jpg

110912.jpg

110913.jpg

110914.jpg

110701.jpg2011.11.7 名古屋から豊橋へ

110702.jpg東山墜道

110704.jpg

110802.jpg

110803.jpg

110804.jpg

110805.jpg

110806.jpg

110807.jpg

110809.jpg

1106201.jpg2011.11.6 滋賀能登川から岐阜大垣へ

1106202.jpg東山墜道

1106204.jpg

1106205.jpg

1106206.jpg

1106207.jpg

110601.jpg2011.11.5 京都から滋賀能登川へ

110603.jpg東山墜道

110605.jpg

110607.jpg

110608.jpg

110610.jpg

110612.jpg

110613.jpg

110502.jpg2011.11.3-4 奈良から京都へ

110504.jpg山城大橋

110506.jpg

110509.jpg

110512.jpg

110516.jpg

110518.jpg

110522.jpg

1320184431598.jpg2011.11.1-2 瀬戸内市から備前市へ

1320184447205.jpg船坂峠越えで兵庫県へ

1320184577785.jpg峠への道を行く

1320184706160.jpg舟坂いこいの広場

1320184722325.jpg船坂峠を越えて兵庫県に入る。

1320240731861.jpg姫路城

1320240784689.jpg明石大橋

1320240843846.jpg神戸ポートタワー

1320060293771.jpg2011.10.30-31 四国霊場五十五番

1320060733131.jpg雨中のしらなみ街道

1320099080956.jpg雨でかすむ瀬戸内

1320099137464.jpgサイクル仲間と交流

1320099210532.jpg尾道へ

1320099315957.jpg雨上がりフェリーで

1320099616424.jpg朝鮮通信使が絶賛した鞆の浦

1320099633771.jpg鞆の浦

1320099762381.jpg福山(広島県)芦田川を渡り倉敷(岡山県)へ

1320099852306.jpgコスモスの出迎え

1029_1.jpg2011.10.29 広島から四国松山へ

1029_2.jpg松山行きフェリー

1029_3.jpg瀬戸内海を渡り

1029_5.jpg自転車朝鮮通信使は四国へ

1319842671154_2.jpg2011.10.28 朝早く光市の宿泊地を出発

1319842716104_2.jpg瀬戸内の朝

1319842740388_2.jpg愛車も一休み

1319842762751_2.jpg坂道が多く途中で雨も

1319842812037_2.jpg海の幸で腹ごしらえ

1319842911428_2.jpg広島平和公園着

1319842961251_2.jpg韓国人原爆犠牲者慰霊碑

1319843026117_2.jpg100km走行し、この日は広島泊

02 関門橋_3.jpg2011.10.27 福岡から山口へ(関門橋)

03 関門トンネル入り口_3.jpg関門トンネル入口

04 山口県山陽町高山トンネル_2.jpg山口県山陽町高山トンネル この日は180km走り、光市泊。

1319634721866_2.jpg2011.10.26
ソンベさんは10月26日朝、釜山からのフェリーで博多港に着きました。
いよいよ、朝鮮通信使の道を自転車でたどる旅の始まりです。
皆さん、応援してくださーーーい。

パク・ソンベさんの行程(案)です。

出発時行程案(출발시 행정방안)
1.(10月26日)하카다 博多 → 고꾸라 小倉 66.4km
2. 고꾸라 小倉 →신야마구치 新山口 70.5km
3. 신야마구치 新山口 →이와쿠니岩国 93.5km
4. 이와쿠니岩国 →히로시마 廣島 43.1km
5. 히로시마 廣島 →오노미치 尾道80.9km
6. 오노미치 尾道 →이마바리 今治62.5km
7. 이마바리 今治 →다카마쯔 高松134.3km 고또히라 琴平
7-1. 이마바리 今治 →고또히라 琴平(金比羅宮の町) 105.8km
7-2. 고또히라 琴平(金比羅宮の町) →다카마쯔 高松31.2km
8. 다카마쯔 高松 →쇼도시마(小豆島) 후구다 福田49.8km
9. 쇼도시마(小豆島) 후구다 福田→히메지 姬路
10. 히메지 姬路→오사카 大阪 90.7km
11. 오사카 大阪 →나라 奈良35.4km
12. 나라 奈良 →교또 京都41.2km
13. 교또 京都 →히코네 彦根68.1km
14. 히코네 彦根 →나루미(나고야名古屋)84.5km
15. 나루미(나고야名古屋) →하마마쯔 浜松113.8km
16. 하마마쯔 浜松 →시미즈 淸水88.5km
17. 시미즈 淸水 →오다와라 小田原90.5km
18. 오다와라 小田原 →도쿄東京86.8km
19(11月13日)도쿄東京 →가와고에 川越40.3km
総距離1513キロ

映像で見る唐人揃い

digest1026_1112_01.jpg
ダイジェスト
パク・ソンベさんの
18日、1500km

ダウンロードはこちらから
LinkIcondigest1026_1113.pdf

応援メッセージを送りましょう!

パクソンベさんへの応援メッセージをメールLinkIconで直接送りましょう。

各地でご協力(交流・宿泊等)いただける方

メールLinkIconでご連絡ください。

川越に到着
唐人揃いパレードに参加
東京新聞に掲載
日本橋へ
雨中激走し東京へ
箱根を越えて藤沢へ
静岡から御殿場へ
豊橋から静岡へ
朝日新聞(愛知)に掲載
名古屋から豊橋へ
滋賀能登川から岐阜大垣へ
京都から滋賀能登川へ
神戸新聞に掲載
奈良から京都へ
瀬戸市から大阪へ
今治から倉敷へ
広島から四国松山へ
山口光市から広島へ
山口へ入る
博多へ