20歳になってからお金借りる!お金を借りることのできる年齢って何歳から?

高校を卒業すると、大学や専門学校に進学する人もいれば、就職して社会人になる人もいます。社会人になると、親からは自立して生活したりしますが、高校を卒業したばかりの場合、年齢的には18歳で、世間的には未成年だったりします。しかし、自立して生活をするということは、お金を借りるような自体なる可能性もあります。
そんな時に、18歳や19歳でもお金を借りることができるのでしょうか。お金を借りるという行為は、民法上、金銭消費貸借契約という契約行為になります。契約行為をする場合、未成年ではできない場合が多く、消費者金融や銀行のカードローンは、申し込みの条件に年齢制限があり、20歳以上が条件になっている場合がほとんどです。未成年は、法律に絡む決定権が与えられていないからです。
しかし、20歳になっていなくてもお金を借りることができる場合があります。それは、奨学金といった教育資金のために借りる場合です。奨学金は、学生のための支援なので有利子で借りられる場合と、無利子で借りられる場合があります。高校をストレートで卒業して進学した人なら、18歳でまだ20歳にはなっていません。しかし、大学などの高い学費を払うなどのために、奨学金ならお金を借りることができます。
似たような名前で、学生ローンや教育ローンという商品がありますが、こちらもローン商品になり、契約行為をしないといけないので、借入条件に20歳以上としている業者がほとんどです。